定期預金を渡す

ある程度年を取ると自分の蓄積した財産を子供や孫に委ねようとするのは人間としても普通の行動でしょう。
自分の頭がしっかりしたうちにご自身の財産を我が子に渡すように準備をしている人もいます。
親心から子供が小さい時から少額を定期預金し続けている両親も実際には多くいます。


ここで贈与税についてですが、贈与税とは、あげる・もらうの意思が双方でお互いに意識が合うことが条件になります。
例えば今回のように親が子供のためにコツコツと預金してきた預金口座に関して子供が知らない場合は、贈与に値せず、この預金はあくまでも本人(この場合は貯蓄していた親)なのです。
ですから贈与税は発生しません。
ですので、親が子供の名義でも、自分名義でも口座を用意して、子供ように財産を残しおくことは自由ですし、たとえ、親が亡くなったとしてもその財産に対する税金は発生しませんし、子供の名義にしてあればその口座やお金は口座名義人のものに なります。


一方で、子供が親から託されたことを知っている場合。
場合によっては贈与税が課せられる可能性がありますので注意してください。
例えば、親が子供にこの預金口座 あげると言われ、本にも責任事実を知っている場合は、その口座の所有権は子供側になります。


ここでこの預金口座の権利が子供に委ねられるからです。
その権利とは、預金の使い道は本人(子供)の自由でること、子供が別の誰かに上げることも可能などです。
この場合には贈与税にはあたりません。
しかし、あげたという証拠をあげた側が残していた場合には贈与税が発生します。


Copyright © 2014 定期預金を子供に残す All Rights Reserved.